診療案内

診療案内

葉っぱかしやま歯科医院では痛みが少ない電動麻酔器を導入し、できるだけ

    痛みが少ない治療を心がけています。

    また、治療後も虫歯になりづらく、フロスなどでお掃除もしやすい状態を    保つ努力をしています。

 

歯ごく初期で治療が必要でない虫歯の場合

健康な歯

 

虫歯は口の中にいる細菌が酸を出すことによって、歯が脱灰する現象です。

ごく初期の段階では、唾液中などのカルシウム成分を取り込み再石灰化することがあり、脱灰と再石灰化を繰り返しています。表層だけの穴があいていない虫歯の場合は経過観察をする場合があります。

そのため、虫歯の進行の程度を診るためには定期的な検診が重要になります。

 

歯小さな虫歯で治療の必要がある場合

小さな虫歯

脱灰が進み、歯に穴があく程度の虫歯になってしまった場合は治療が必要になります。この程度まで虫歯が進むと、もう元に戻ることはありません。

主に前歯の歯と歯の間や、奥歯の噛む面のみの小さな虫歯の場合は歯と似たような白い色のレジンと呼ばれる樹脂を詰める治療になります。

この段階では虫歯の部分を取って詰めるだけの治療なので、一日で終了します。

 

歯ある程度進んだ虫歯の場合

進んだ虫歯

虫歯がある程度進行し、奥歯の歯と歯のあいだに虫歯ができたり、前歯の大きな虫歯の場合は、金属や硬い樹脂の詰め物やかぶせ物を入れます。

一度型取りをして、詰め物やかぶせ物を模型上で作り歯に装着します。

直接歯に詰めるレジンでは奥歯の歯と歯の間の形状を作るのが困難だったり、範囲が大きくなると強度的にも心配が出てくるからです。

この段階での自覚症状は、全くないか少ししみる程度です。治療の回数は2~3回が目安です。

 

歯虫歯が大きく神経まで到達してしまった場合

神経まで達した虫歯

虫歯が神経まで到達してしまった場合、神経に細菌が入り込み、感染してしまっているので神経を取る治療を行います。

麻酔をして行うので痛みはありませんが、炎症がひどく麻酔が効きにくい事もあります。

歯の神経があったところに細い器具を入れて感染した歯質をきれいにします。(根管治療といいます。)

根管の中がきれいになり、症状が収まったら根管内に詰め物をし、その上にかぶせ物を入れます。

治療の回数は、感染の程度や症状によって長引く場合があります。

 

歯歯の根の先が膿んでしまった場合

根の先が膿んだ歯

神経を取る治療をした後しばらくしてから、腫れたりレントゲン上で根の先に膿の袋ができたりしていることがあります。

この場合は再度根管治療が必要になります。

この場合もリーマーと言われる細い器具を使って根の中を掃除して根の先の膿を出すような治療をし、きれいになるまで根の治療を繰り返します。

根管の中がきれいになり、症状が収まったら根管内に詰め物をし、その上にかぶせ物を入れます。

かしやま歯科医院

診療時間

平日  9:30~19:30

土曜  9:30~18:00

日曜  9:30~13:00

休診日  水曜・祝日

〒211-0015川崎市中原区北谷町51岡田ビル1階

南武線平間駅から徒歩2分です。

地図

グーグルマップへ